長期滞在にマンスリーマンションの活用がおすすめ

            

長期出張や宿泊を伴う急な出張など、そんな時に悩ませるのが観宿泊先選びではないでしょうか。そこで今回は、長期滞在にマンスリーマンションの活用がおすすめな理由についてご紹介したいと思います。
ビジネスホテルについて
出張での宿泊先にビジネスホテルを選択する方は多いと思います。ホテルの中では手頃な価格が魅力になります。しかし、ビジネスホテルでは、外出する際にはフロントに鍵を預ける必要があったり、門限が決められている場合もあります。さらには、部屋内には宿泊者以外は入室する事は禁止されており、ロビーや近くでの面会となります。一方で、マンスリーマンションの場合には、鍵は自己管理で、門限は気にする必要がありません。また、知人や友人、家族などを部屋にまねく場合には、一般的なの賃貸住宅同様に部屋に招く事ができます。
料金の違いについて
ビジネスホテルの一般的な宿泊料金は、1日7,000円程度が相場といわれています。一方、マンスリーマンションの場合は、基本的に1ヶ月単位の契約となり、光熱水費等込で15万円程度が必要になります。ですので、短期滞在であればビジネスホテルの方が安く済ませる事ができます。しかし、長期滞在ともなりますと圧倒的にマンスリーマンションの方が安く済ませる事ができます。
マンスリーマンションは、長期滞在で普段の生活と変わらずに過ごしたいと考える方や、自由に過ごしたい、さらには限られた予算内でやりくりしなければいけない、そんな方にお勧めです。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です