マンスリーのお陰で全快!

            

私は4年前、手術を要するある病気に掛かってしまい、会社を長期間休むことになりました。

県内の病院でも成功事例は多々あるのですが、後遺症等の不安があったため、実績があって評判の高い病院で手術を受けようと思い、色々調べました。東京のある病院の評判がとても高いとの情報を姉から得て、そこで診察を受けることになりました。

手術、入院のあと、リハビリなどで長期通院が必要とのスケージュールを看護師さんから提案されました。退院後、通院期間は短ければ2カ月、長引く場合は半年と言われ、この通院期間がとてもネックとなって、東京の病院で手術を受けるかどうか、とても迷いました。

マンションを借りることも考えましたが、うっかり頭の中からウィークリーやマンスリーマンションという発想が抜けていました。マンスリーマンションを借りれば通院のハードルはクリアできると思い、休職中の会社にその旨を伝え、療養に専念する環境が整いました。身分証明書の提示、銀行振込など手続きは普通のマンションを借りる時と比べて驚くほど簡単でした。家具、電化製品も揃っていて、取り扱い物件が豊富なため、病院からとても近いマンションをマンスリーで借りることができました。私のように病気の療養や家族の長期のお見舞い、介護などの予定のある方にマンスリーマンションは最適だと思います。

また、進学や転勤、就職の場合はウィークリーで借りて、いい物件が見つかるまでじっくり腰を据えられるのではないでしょうか。私の場合もそうでしたが、ウィークリー、マンスリーマンションが解決策になる場合があるかもしれません。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です