初期費用の安さに惹かれて借りたマンスリーマンション

            

1年前、北海道から上京してきてから現在に至るまで僕はマンスリーマンションで暮らしています。
通常の賃貸物件ではなく、僕がマンスリーマンションを選択した理由は、敷金礼金無しで借りられるというその初期費用のお得さに惹かれたからでした。
東京で賃貸物件を借りるには敷金、礼金それぞれ2ヶ月ずつという物件がほとんどなので、とにかく最初の初期費用が高くかかってしまいます。
そして、敷金礼金だけではなく、仲介手数料もかかりませんし、更新料も必要としないので、長く暮らしても毎月の家賃以外に出費は発生しません。
こうした費用のお得さに惹かれて暮らし始めたマンスリーマンションなのですが、実際の暮らしの中で不便を感じる点もなく、快適な毎日を過ごすことが出来ています。
周りの友人にマンスリーマンションは壁が薄く隣の声が筒抜けだと心配されましたが、隣の声はまったく聞こえませんし、物音に関してもほとんど気になりません。
ロフトも広々としているので体を伸ばしてゆっくり眠れますし、備え付けのテーブルや椅子もしっかりとしているので、リラックスした時間を過ごすことが出来ています。
今の暮らしを考えても、東京での暮らしにマンスリーマンションを選択して本当に良かったと思っています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です