学生が住むにはアパートよりもマンスリーマンション

            

大学に合格して地方から都会にする学生。
当然、何処かアパートを借りて下宿することになるのですが、大学4年間であれば、問題なく借りることもできるのですが、初めの2年間教養部で野勉強。
3年生以降は専門課程に入るのですが、キャンバスが離れていることもあって、引越しをしなければなりません。
予めそんなことが予想されるために、普通の賃貸アパートを借りるのではなくて、マンスリーマンションを借りることに。
都会の賃貸だと、マンスリーとあまり変わらないことや、敷金・礼金も考えると、マンスリーの方が安く済むことも結構あるものです。
ましてや、学生ともなると、インターネットの利用も必須になるのですが、マンスリーマンションによっては、賃貸にまるごと含まれていることもあります。
しかも、家電製品も必要最低限以上に準備されているので、長い目で見ると、リーズナブルなのです。
しかも、2年後には必ず引越しすることが、分かっていることから、身軽に動けるマンスリーがおすすめだと思います。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です